1. home
  2. ゲーム制作の花形

イラストから世界観を広げよう

ゲーム制作の花形

ゲームを制作するうえで、キャラクターや世界観を表現する最初の仕事であるイラスト制作は、もっとも重要なものだといえるでしょう。
キャラクターや世界観などの背景を描き起こすにはゲームのベースとなるストーリーが必要ですが、どれだけストーリーが良くてもキャラクターや世界観に魅力がなければ、ユーザーの興味を惹きつけるのが難しくなるため、イラストはゲームを制作するうえでの「花形ポスト」だと言っても過言ではありません。
最近ではゲームのイラスト制作に携わりたいという人もずいぶんと増えているようです。

他のどんなイラスト制作の現場もそうでしょうが、様々なオファーに応えることができる人ほど、仕事は巡ってくるものです。
自分の得意としている色使いやキャラクターだけでなく、日ごろは好んで描くことがないようなものであっても、仕事であれば描かなければならなくなるでしょう。
希望通りにイラストレーターとしての道を歩き始めてから、不得手なものが多いことに気づくのでは遅いのです。

イラスト制作の仕事に携わりたい、イラストレーターとして活躍したいと考えているのであれば、目についた様々なもののデッサンをしておくことをお勧めします。
その際は様々な角度から描き起こしてみるといいでしょう。
例えばデフォルメされたキャラクターを得意としている人であっても、自分の見た実物をきちんとデッサンすることは経験としてマイナスにはなりません。
目についたもの、気になったものはアナログでもデジタルでも描いてみることをお勧めします。

そうした、一見地味に思える努力が、思わぬところで花を咲かせるのがイラスト制作の現場であり、その時になれば、きっと「やっておいてよかった」と思うことができるでしょう。
先に書いたように、デフォルメであってもまずはリアリティが必要になるので、自分の好きなものだけでなく、自分のイラストには必要ないと思うものであっても練習しておくことをお勧めします。